auのポケットWiFi(WiMAX)料金比較!3万円安く契約する方法

 

auポケットwifi比較

ポケットWiFiをauで契約するよりお得な方法があることをご存知ですか?

実は他のWiMAXプロバイダで契約すると2年間で24,000円もお得に利用できる上、いろいろな機種が選べたり機種代金が無料になったりといったメリットもあります。

今回、auのポケットWiFiよりもお得にモバイルインターネットを利用する具体的な方法についてまとめました。

auポケットWiFiの料金プラン

auで取り扱っているポケットWiFiは全てWiMAX回線を利用しています。

そのためWiMAXと同様に月間データ通信量の制限がないプランと、月のデータ通信容量が7GBまでのプランの2種類が用意されています。

月間データ通信量の上限がないプラン

「WiMAX2+ フラット for DATA EX」は月間データ通信量の上限がないプランで、基本料金は月額5,880円です。

契約期間を2年とする「2年契約(誰でも割シングル)」適用時は基本料金が1,000円割引の4,880円となり、さらに「WiMAX2+おトク割」に加入すると500円割引で4,380円となります。

WiMAX2+おトク割は新規契約や機種変更でポケットWiFiルーターを購入すると同時に、WiMAX2+ フラット for DATA EXまたはWiMAX2+ フラット for DATAに加入することで適用されます。

月間データ通信量の上限はありませんが、3日間で10GB以上利用すると翌日のネットワーク混雑時間帯(18時~翌2時ごろ)の通信速度がおよそ1Mbpsに制限されるので、短期間での使い過ぎにはご注意ください。

月7GBまでのプラン

「WiMAX2+ フラット for DATA」は月間データ通信量が7GBまでのプランで、基本料金は月額5,196円です。

2年契約(誰でも割シングル)適用時は1,000円割引の4,196円となり、WiMAX2+おトク割も加入するとさらに500円割引の3,696円となります。

頻繁にインターネットを利用しないので月々の料金を安くしたいという場合におすすめのプランです。

通信速度

通信速度はポケットWiFiルーターの機種によって異なりますが、どちらもWiMAX2+通信を利用しているので高速インターネットを楽しむことができます。

auでは現在、W05とW04の2つのポケットWiFiルーターを取り扱っています。

W05

W05は2018年春に発売された最新機種です。

基地局とルーターにそれぞれ4本ずつのアンテナを設置して送受信することで通信速度を向上させる4×4MIMOや複数の周波数の電波を束ねるCA(キャリアアグリゲーション)、情報密度を高めることで一度に送受信できる情報量を増やす256QAMという技術により、下り最大558Mbpsという高速通信を可能にしました。

さらにハイスピードプラスエリアモードでのau 4G LTE通信とのCAを加えると、下り最大708Mbpsにもなります。

ただし東京や大阪の一部地域でしか下り最大758Mbpsは利用できないのでご注意ください。

また、これまで使用していたポケットWiFiルーターのSSIDや暗号化モード、暗号化キーなどの接続情報をコピーできるWi-Fiお引越し機能を搭載しており、機器側でWiFiの設定変更をする必要性がなくなりました。

連続通信時間もハイスピードモード/ノーマル設定でおよそ9時間と十分なバッテリー容量を持っています。

W04

2017年春に発売された機種で、4×4MIMOやCAを利用して下り最大558Mbpsの高速通信を可能にしました

さらに通信パフォーマンスが最大スペックのハイパフォーマンスモード、バッテリーを節約して長時間利用するためのバッテリーセーブモード、高速通信を利用しながら約9時間使えるノーマルモードと3段階から選択可能で、用途や状況に合わせて利用しやすい機能を有しています。

持ち運びやすいスティックタイプで操作が縦スクロールに統一されているので、片手での操作も可能です。

WiMAX2+とau 4G LTEで全国で使える

auで取り扱っているポケットWiFiルーターはどちらもWiMAX2+通信のハイスピードモードと、au 4G LTE通信のハイスピードプラスエリアモードの両方に対応しています。

WiMAX2+通信は下り最大558Mbpsという高速通信が魅力ですが山間部や郊外部など一部地域では対応していないことがあります。

そこでWiMAX2+通信より対応エリアが広いau 4G LTE通信を併用することで、全国でインターネットを利用することができます。

ただしハイスピードプラスエリアモードを利用した月は1,005円のオプション料金が加算されるのでご注意ください。

またデータ通信量使い放題のWiMAX2+ フラット for DATA EXでもハイスピードプラスエリアモードの利用は月間7GBまでで、それを超えると速度制限がかかり送受信が最大128kbpsとなります。

auのポケットWiFiにはエクストラオプションがある

auのポケットWiFi固有のサービスとして、月のデータ通信容量を超過した場合でも通信速度制限なく利用できるエクストラオプションがあります。

WiMAX2+ フラット for DATAで月間データ通信量が7GBを超えたり、ハイスピードプラスエリアモードで月間7GBを超えて通信した場合でも、通信速度制限がかかることなく利用し続けることができます。

ただし2GBごとに2,500円が自動加算されるので、利用状況によっては思わぬ高額になることもあるので使い過ぎにはご注意ください。

auスマートバリューmineで通信料を節約

auユーザーならばauスマートバリューmineに加入することでauスマホやケータイの料金が月々最大1,000円割引となります。

またハイスピードプラスエリアモードを利用した場合に加算されるオプション料金の1,005円が無料になるので、頻繁にLTE通信を利用する場合には特にメリットがありますね。

auのポケットWiFiは買い?

auのポケットWiFiは他のWiMAXプロバイダよりお得とは言えません。

月額料金やサービスの面で他のプロバイダのほうがメリットが多いというのが現状です。

月額料金

WiMAXの回線事業者であるUQ WiMAXですと、月間データ通信量が使い放題の「UQ Flatツープラス ギガ放題」では契約から3ヶ月間は3,696円、それ以降は4,380円で利用でき、月間データ通信量が7GBまでの「UQ Flatツープラス」では3,696円で利用できます。

月額料金が業界最安級と言われるBroad WiMAXではギガ放題プランは1~2ヶ月目が2,726円、3~24ヶ月目が3,411円、25ヶ月目以降は4,011円となり、月間7GBまでのライトプランでは1~24ヶ月目が2,726円、25ヶ月目以降は3,411円となります。

GMOとくとくBBではギガ放題プランは1~2ヶ月目が3,609円、3ヶ月目以降は4,263円となり、通常の月間7GBまでのプランは月額3,609円で利用できます。

GMOとくとくBBの最大の魅力は高額キャッシュバックがあることで、今なら最大39,400円ものキャッシュバックキャンペーンを行っていますよ。

auでは2年契約(誰でも割シングル)とWiMAX2+おトク割を併用しても使い放題のプランが月々4,380円、月間7GBまでのプランが3,696円な上キャンペーン等も行っていないので、他のWiMAXプロバイダのほうがお得な月額料金で利用できますね。

auスマートバリューmineは他のプロバイダでも適用できる

auスマートバリューmineはauポケットWiFiだけではなく他のWiMAXプロバイダでも適用できます。

ただしプロバイダによってはauスマートバリューmineの対象外の場合もあるので、事前に各社ホームページで確認してから申し込むようにしましょう。

auではラインナップが2機種のみ

auではポケットWiFi端末がW05とW04の2機種しかラインナップされていませんが、他のプロバイダではもっと多くの機種を取り扱っています。

UQ WiMAXではW05やW04に加え、国産で初めてau 4G LTE通信に対応したWX04やクレードルセットで固定回線としても使いやすいWX03など多くの機種がラインナップされており選択肢が豊富です。

さらにBroad WiMAXやGMOとくとくBBでは最新機種を含む全ての端末が無料で契約できます。
機種代金も月々数千円と高額になりがちなので、端末台0円は大きなメリットですね。

安く使えるおすすめのポケットWiFi

https://wimax-broad.jp/
https://next-mobile.jp/

まとめ

auのポケットWiFiではWiMAX回線を利用しており、月間データ通信量の上限がないWiMAX2+ フラットfor DATA EXと月間データ通信量が7GBまでのWiMAX2+ フラットfor DATAの2種類の料金プランが用意されています。

選べる機種は高速通信が可能なW05とW04で、どちらもWiMAX2+通信とau 4G LTE通信の両方が可能なため全国様々な場所でインターネットを利用することができます。

auユーザーならau スマートバリューmineに加入することでauスマホやケータイの料金が最大1,000円も割引になるのでさらにお得に利用できます。

しかし実際はWiMAXを取り扱う他のプロバイダのほうが月額料金が安く設定されており、Broad WiMAXと比較すると2年間で24,000円も支払額に差が出ます。

機種もW05やW04以外に多くの機種がラインナップされており用途に合わせて選ぶことができます。
一部プロバイダでは最新機種を含む全ての機種が無料で利用できるので、そちらの面でも他のプロバイダのほうがお得と言えます。

ポケットWiFiを契約するのであれば月額料金が業界最安級のBroad WiMAXや、20GB以上の大容量プランでありながら料金が安くてコスパの良いNEXTmobileをおすすめします。